MENS HAIR 聞いてみました!本当の!AGA口コミランキング

iPS細胞は発毛に役立つのか

ランキングはこちら

イラスト

最近「iPS細胞」というものをよく耳にしませんか?

テレビや雑誌などでも多く取り上げられていますね。

iPS細胞は、2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学教授の山中伸弥iPS細胞研究所長が発明した細胞です。まだ記憶に新しい人も多いでしょう。

iPS細胞とは、生物のあらゆる細胞に成長することの出来るものとして注目されているものです。万能細胞とも呼ばれています。

 

現在の発毛技術は、医薬品によって発毛条件を整えたり、男性ホルモンを抑制して発毛力を強めていくというものです。

ですが、毛根が死滅してしまっている場合はこれらの発毛技術ではほとんど発毛が不可能です。

そういった場合には自分の後頭部の毛包を移植する自毛植毛という方法が最終手段となっていますが、植毛は3〜4回が限界です。

ですので、毛根が死滅してしまっている場合、十分な発毛効果を実感することは非常に難しいのです。

 

ですが今回山中教授が研究してきたiPS細胞が育毛分野にも活用されていけば、毛根の細胞をそのままつくってしまうことができ、高い発毛効果を期待することが出来るのではないかと注目されています。

今はまだ万能細胞を大量に培養する技術が確立されていないので、育毛分野にiPS細胞が活用されるまでにはまだ時間がかかりそうですが、近い将来、iPS細胞によって薄毛が治る日も近いかもしれません。

今後のiPS細胞の培養技術の進化に注目していきたいですね。

ランキングはこちら

このページのトップへ戻る