MENS HAIR 聞いてみました!本当の!AGA口コミランキング

薄毛と男性ホルモン

ランキングはこちら

イラスト

ハゲや薄毛に男性ホルモンがどのような影響を及ぼしているのでしょうか。このことについてしっかり理解することで、正しい発毛や育毛ができると思います。

 

では、実際に男性ホルモンはどのような悪影響を髪の毛に及ぼしているのでしょうか。

通常の男性ホルモンは、5αリダクターゼ(酵素)によってDHT(ジヒドロテストロン)に変化します。

このDHTは男性型脱毛症を発症させ促進させているのです。

そのDHTはハゲや薄毛の原因となっていています。

男性ホルモンの働きは、基本的に思春期になれば男女関係なく数値は高くなります。

通常の男性ホルモンによる影響は、ワキ毛や陰毛などの成長促進です。

胸毛やヒゲが生えるには、通常よりも強力な男性ホルモンが必要になります。

ヒゲが濃く生えるには5αリダクターゼと男性ホルモンが結びついて強力なDHTになることが要因となります。

 

ですから、胸毛やヒゲには男性ホルモンも影響が大きいのです。

ハゲや薄毛になる原因には、男性ホルモンが5αリダクターゼと結びつくのを抑制すること、

つまり、ハゲや薄毛をといった状況を打開するためには、強力なDHTが作られるのを抑制するのが大切です。

男性ホルモンは身体に必要なホルモンでもあるので、男性ホルモン事態を抑制するのはお勧めできません。

男性ホルモンではなく、5αリダクターゼを抑制することができれば、安全にハゲや薄毛の進行を抑制することができるでしょう。

まずは、5αリダクターゼの抑制が重要なポイントとなります。

ランキングはこちら

このページのトップへ戻る