MENS HAIR 聞いてみました!本当の!AGA口コミランキング

禁煙と発毛

ランキングはこちら

イラスト

喫煙やアルコールが髪の発育に悪影響があると聞いたことがあると思います。

「酒は百薬の長」ともいわれますが、飲みすぎてしまっては何の意味もありません。アルコールの摂取量が増えてしまうと、アルコール依存症になる可能性も高く、肝臓への負担も大きくなります。

ですが、喫煙に比べれば、アルコールの摂取はまだマシな方だと思います。

 

タバコを1本吸うと、12秒寿命が縮まるといいます。

タバコはそれだけ身体に大きな悪影響を及ぼしてしまうのです。

タバコを吸った影響としては、脈拍を高める、血圧を上げる、血管を収縮させるなどの影響があります。

 

血管が収縮することで心臓にも負担がかかりますし、体内のコレステロールや脂肪が血液中に流れ出てしまう原因にもなります。

頭皮の血流が悪くなることで、髪の成長も抑制されてしまいます。

髪の毛の栄養は、血液によって運ばれているので血流が悪くなってしまうと髪の成長遅くなってしまいます。

 

ではタバコをやめれば髪の毛は増えるのでしょうか。

タバコを吸っている人の中には、髪の毛がフサフサの人もいますから、タバコを辞めただけでは、髪の毛が増えるという事はないでしょう。

ですがタバコを吸うメリットは一切なく、たばこの値段も上がる一方でもあります。

出来れば、禁煙をするのが一番ではありますが、禁煙をすることでかえってストレスがたまるというのであれば、禁煙する必要はないでしょう。

身体に悪い影響を与えることは出来るだけ避け、頭皮の血流を良くするように心掛けることが大切だと思います。

禁煙と発毛の関係性について

薄毛の症状を改善させる為にはクリニックで適切な治療を受ける以外にも日常生活の習慣を改善しなくてはいけませんので、この点を考慮しましょう。

近年では喫煙による効果はかなり高く薄毛による症状を抑制出来ることが判明した為、なるべくタバコを吸わないでいる方々は増えています。

タバコを吸うと血管が縮小されてしまい血液の流れが悪くなる為酸素の運搬量が減りますから、生命維持を担当する臓器に優先されて運ばれるのです。

その結果、生命維持に関係のない頭皮に酸素が運ばれなくなる為、髪の毛が成長する為に必要な酸素が不足することになり、結果的に髪の毛の量が減ります。

また健康的な髪の毛が生えなくなる為抜けやすく細い毛になる為、こちらの方も注意が必要となるのです。

その他のメカニズムについて

タバコを吸うと体内に一酸化炭素が取り込まれるのですがこれは酸素よりも多くヘモグロビンに吸着する性質がありますから、必要な分を確保するのが難しくなる為注意して下さい。

毛母細胞や毛乳頭細胞といった健康的な髪の毛を生やす為に必要な部分の健康に悪影響を与えますので、脱毛症を治療したい時はこの点に注意するのが基本です。

本格的に薄毛による問題を解決したい時はまずタバコを吸うのをやめて、規則正しい生活を送るのと同時になるべく栄養バランスを考慮した食生活を続けるのが治療を成功させる上で大切な為、これらをきちんと意識するのが良いです。

ランキングはこちら

このページのトップへ戻る