MENS HAIR 聞いてみました!本当の!AGA口コミランキング
AGA治療の口コミランキングTOP > 髪の基礎知識 >AGAについて > 薄毛対策にはヘアサイクルの理解が必要です

薄毛対策にはヘアサイクルの理解が必要です

ランキングはこちら

抜け毛や薄毛の悩みは、他人には分からないほど大きな問題でもあるのです。 抜け毛や薄毛の悩みがあるといつも頭が気になり、仕事への集中力もなくなります。

また頭のことがいつも心配になり、日常生活にも大きな影響が出てきます。 そのため早目の改善が求められます。抜け毛や薄毛を改善するためには、まずその原因を探ってみる必要があります。

ヘアサイクルを理解しておいてください

円形脱毛症といった特殊なものは別として、抜け毛や薄毛は徐々に進行していきます。 しかしはじめのころは、そのことになかなか気づきません。と言うか気づくのはとても大変なことだとも言えます。

「最近少し抜け毛が増えたみたい?」などのような、自分の見た目の変化に気づいてはじめて薄毛を自覚することになるのです。 髪全体の60%程度ぐらい減少してもそんなに目立ちませんので、本人はもちろん周囲の人たちも薄毛に気づくことはあまりありません。

またたとえ60%を切ってもそんなに実感はありませんので、中には気づかない人もいます。 しかし40%を割ると、そのへんから頭皮の薄さが目立つようになって、薄毛であることを自覚しだすことになります。

この段階で多くの人たちがはじめて抜け毛や薄毛の対策を考えることになりますが、実は抜け毛や薄毛進行は随分前から始まっています。 そのためもう少し前の段階から、何かしらの対策を講じる必要があるのです。

人間のヘアサイクルというのは、1日にだいたい0.2㎜から0.4㎜程度の長さで伸びています。 当然人によって個人差も出てきますが、平均では1年間の間に12㎝前後伸びることになります。 そのためヘアサイクルを良く理解しておくことが大切です。

毛髪というのはだいたい2~5年で成長も止まり、6年後には抜け落ちていきます。 このようなサイクルがありますので、髪も伸びも制限されることになります。 髪が抜け落ちる前に対策を打つ必要があります。

ヘアサイクルが乱れる原因について

抜け毛や薄毛と言うのは、へアサイクルの乱れが原因で起きてくるのです。薄毛が起きるのには理由があります。 ヘアサイクルが乱れる大きな原因は次の4つになります。

男性ホルモンの影響、遺伝の影響、血流低下が原因の毛母細胞への影響、生活習慣の影響です。 AGAの大きな理由がこの男性ホルモンの影響と言われています。 男性ホルモンの一種の「テストステロン」が大きく関係してきます。

また薄毛と遺伝の関係もよく言われています。そのため家系に薄毛の人がいる場合、その体質をそのまま受け継ぐことも多いのです。 そして髪の毛の成長のためには、栄養は欠くことができません。血流が悪くなれば毛髪の成長にも大きく影響してきます。 さらに食生活と言った日常生活とも大きな関係があります。

今までの食生活を改善することで、頭皮にも十分な栄養が行き渡ることなります。 健康な毛髪にするためには健康な体を作り、今までの悪い生活習慣病を改める必要があるのです。

資質の多い食事を毎日摂れば血液中のコレステロール濃度も高くなり、頭皮にも十分な栄養が行き渡りにくくなります。 同時に皮指の分泌量も増え、脂漏性脱毛も起きやすくなりますので注意する必要があります。

バランスの良い食事を心がけてください

毛髪というのはケラチンと言われるとても硬いタンパク質で生成されており、それを維持するためには良質なタンパク質の摂取が何よりも大切になります。 体に大切なたんぱく質やビタミンを多く含んだ食品を、毎日摂取することが大切になってきます。 ビタミンAが不足すると皮脂の分泌量が減り、汗腺の働きも衰えて質層が厚くなります。

そしてビタミンB2が不足すれば、今度は皮脂の分泌量が多くなり、その結果「脂漏性脱毛」の症状も出やすくなります。 そのためバランスの良い食事に心がける必要があります。

ランキングはこちら

このページのトップへ戻る