MENS HAIR 聞いてみました!本当の!AGA口コミランキング

発毛剤医薬品

ランキングはこちら

イラスト

発毛剤は、医薬品と医薬部外品に分けられます。

これは厚労省からの認可の関係上分けられているものであり、またこの分類によって薬事法においての取り扱い方も変わってくるのです。

 

医薬品の場合、厚労省からその有効成分の効果が認められています。

しかしだからと言って、医薬品は効果があり医薬部外品は効果がないという訳ではないのです。

では続いて、発毛剤医薬品の効能範囲についてご説明します。

 

発毛剤の場合、円形脱毛症や脂漏性脱毛症などの症状改善や、発毛促進などに関しての項目において、厚労省が認可したものを発毛剤医薬品として取り扱うことになります。

この医薬品の場合は、厚労省の指導下において販売しなければなりません。

薬局やドラッグストアにおいては、薬剤師が医薬品を販売することが義務付けられています。

また、医薬品の場合はその効果も認められているのですが、用法用量を間違えた場合などは副作用が引き起こされる可能性もありますから、注意しなければなりません。

 

一方で医薬部外品発毛剤の効能範囲は、育毛・薄毛・発毛促進・脱毛予防などです。

医薬品として認可されるためには、おびただしい量の臨床結果のデータが必要になってきます。

ですから認可されるまでには長い期間がかかるのです。

発毛剤はだんだんと進化していますし、それに新成分多く開発されていますから、少しでも早く製品化したい場合はあえて医薬部外品として販売することもめずらしくありません。

ランキングはこちら

このページのトップへ戻る