MENS HAIR 聞いてみました!本当の!AGA口コミランキング

AGAのパターン

ランキングはこちら

イラスト

AGAのパターンについてご説明します。

まず、思春期以降に頭頂部から前頭部にかけての硬い毛が柔らかい毛へと変わる割合が増える状態がだんだんと進行し、40代でほぼそれが完成されるというパターンです。

さらに前頭部と頭頂部の頭髪が柔らかく細く短くなって、最終的には生え際が後退します。

そしてやがて頭頂部の頭髪がなくなってしまうのです。

 

また、AGAの場合は髪が薄くなる場所もAGAのパターンごとに決まっているので、その状況を診ながらどのAGAのパターンに当てはまるのか総合的に判断します。

 

AGAの症状がみられる様になりますと、頭皮の毛髪や毛根はだんだんと小さくなっていきます。

そしてAGAにおいては、毛髪の成長期が短くなってしまい、休止期での毛髪の割合が多くなります。

このことから、AGAの場合は毛髪が細くなったり短くなったりするのです。

また、毛の数自体は変わらないけれども、毛髪が細く短くなるために、髪の毛が薄くなった様に感じるといったことも起こります。

ではどうしてこの様なことが起きるのでしょう。

 

それには、男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼという変換酵素の働きにより、5α—デヒドロテストステロンというホルモンに変換された場合、これが場所ごとに異なったはたらきをするということが関係しています。

5α—デヒドロテストステロンが頭髪に作用した場合は、皮脂腺を活発にさせたり毛根部を萎縮させたりします。

ランキングはこちら

このページのトップへ戻る